函館 函館山からの夜景

やっとここまでたどり着きました(笑) 小出し小出しでごめんなさいね<(_ _)>
早速行きます!!
c0106977_2092297.jpg

c0106977_20101162.jpg

展望台に着いたのは午後7時ちょっと過ぎでした。 まだ空に明るさが残っている時間帯。
この時間から登っておかないと 物凄い人の波で まともに夜景は撮れないと思っていたので大正解でした。
でも・・・人の数はこの時間でも凄いでしょ。
ここから日が落ちて暗くなるにつれて観光バスの団体客さんたちがどっと押し寄せてきます。
当然 三脚など立てて撮る事は不可能です。っていうか それはマナー違反の部類になっちゃうよね(汗)
なので 必死の手持ちです!!ISO感度を上げて撮っていますが α77はα700よりも高感度に強くなっているので助かりました。
ずっと陣取っているわけにもいかないので 後ろの人たちと交代してバックします。
柵の先頭から下がった時は こんな風に人物を入れて撮ったり
c0106977_20135167.jpg

c0106977_20135961.jpg

c0106977_20162997.jpg

c0106977_20174327.jpg

街の夜景とは反対側のイカ釣り船のいさり火を撮影したり 別の方角を撮ってみたり(笑)
c0106977_20143989.jpg

c0106977_20165417.jpg

すっかり暗くなり 人ごみも芋の子を洗うような状態で身動きが取れません(^◇^;)
最後に柵の先頭部分に行けたので さっさと撮って降りましょう!
c0106977_20182965.jpg

c0106977_20375028.jpg

c0106977_20194985.jpg

色温度の設定を変えて撮ってみました。
c0106977_20205581.jpg

c0106977_2021831.jpg

c0106977_20212388.jpg

★ 写真をクリックしていただくと大きな写真をご覧になれます

それにしても この函館山の頂上には一体何人の人が居るんだろう?!1000人くらいは居るんだろうな(汗)
ピーク時には5分間隔でロープウェイが運行されて沢山の人を頂上に運び そして降ろしていきます。
一人往復1000円として計算したとして・・・・ 函館市はこの夜景で潤ってますね?!(笑)
今の時期は観光客さん達のバスがズラッと並びます。 中国の方々なのか台湾の方々なのか アジア系の人たちがこのところものすごく多いですね。
北海道では何処に行ってもこの方々が沢山いらっしゃいます。
山の頂上では日本語よりも外国語しか聞こえないくらい飛び交っておりました(*^-^)

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

いつも見てくださり ありがとうございます♪
メインサイトのドメイン取得により TOPページのURLが変更になりました。
メインサイトTOPへは こちらをクリックしてください



http://nonnko.com/


by lairack_0817 | 2013-07-20 20:33 | α77 | Comments(4)
Commented by cyan9203 at 2013-07-20 21:32
調度良い時間帯に行けて良かったですね(^^)
それにしても、相変わらずすごい人出ですね!
これらの画像が全て手持ちですか? ブレ補正があるにしてもスゴイ!
街の夜景は勿論素敵ですが、別の方角の漁火がまた素敵ですね(^^)
色温度を変えて撮した画像の方が、新鮮味があって面白いかも(゚゚)(。。)
Commented by lairack_0817 at 2013-07-21 11:41
>紫庵さん
夜景撮影は日没前後30分ずつ 正味1時間が勝負だと思ってるんで 早め行動致しました(*^-^)
もう~ これでもか!っつうくらいに人がどんどん溢れてきて・・・身動き取れない状態になりました。
びっくりですねぇ・・・・(汗)
三脚は使えないので 必死でしたよ。一部の写真は運よく落下防止柵にたどり着けたので 柵を利用して手持ち固定させて撮っています。
勿論 プレ量産しましたぁ!(汗)
最後の2枚は下りロープウェイを待つ行列に並んでる間 窓ガラスにレンズをくっ付くけて最後のあがきの写真でした(笑)
夜景を撮る時 私は色温度を変えて撮影した この色合いの方が好きなんです(*^_^*)
Commented by ダキさん at 2013-07-23 20:42 x
函館山の夜景、やはり学生時代に初めて見てしびれました。
聞きなれぬ言葉を聞くと、今なお異国情緒があったりして本当に日本に居るのかと思ってしまいます。

函館山の展望台の下のレストランが穴場で、ここでゆっくり食事をします。
とてつもないデカイ窓から見る夜景と寒くもなく美味しいごちそうでまったりとした至極の時間を過ごします。

函館は父と母の最初の生活の地、洞爺丸の悲しい事故の2年後に私は旭川で生まれることになります。
Commented by lairack_0817 at 2013-07-24 11:45
>ダキさん
北海道に住んでいても 中々札幌から函館に行くことはないんですよね。
高速道路が少し伸びてくれたお蔭で 25年ほど前に函館に車で行った時のようなしんどい思いはしなかったのが嬉しかった!(笑)
ダキさんにとって函館は想い出の土地なのね(*^-^)